home > books > 演奏会のお知らせ

records


2022.04.18 written by Kikawa 演奏会のお知らせ

「 演奏会のお知らせ 」

もう4月。本当に時間が経つのが早いです。
コロナ禍で演奏活動を自粛しておりましたが、このままだと本当に歌う機会がなくなってしまいそうなので、ちょっと踏ん張ることに決めました。
より感染予防を心がける毎日です。。


・Spring Concert

2022年4月24日(日)
17時開演
東久留米市役所1階 市民プラザ 屋内ひろば


(画像を押すと拡大します)

恩師、穂積磨矢子先生にお声がけいただきました。
元々1時間くらいのプログラムで、ということでお話をいただいた気がしたのですが、結局1時間どころじゃ済まなそうなボリュームです。
私は山田耕筰の「鐘が鳴ります」と、別宮貞雄の「さくら横ちょう」、それから、G.フォーレの「夢のあとに」と「ゆりかご」を歌います。
あと、プッチーニの歌劇『ラ・ボエーム』から第一幕のアリアと重唱を、ソプラノの太田絢子さんと演奏いたします。

先日5年ぶりに(!)お会いして、合わせをしました。
最後に会った時はまだ太田さんは受験生だったのですが、今や立派な大学院生ということで、月日の経つのはまっこと恐ろしいものであります。

コロナ禍ということもあり、ソロが中心の演奏会です。
入場無料で、お申し込みの必要もありません。
途中での入退場も可能な広場での演奏となります。
どうぞお気軽に足をお運びください。



・MUSICAとりっぷる 〜イタリア編〜

2022年7月10日(日)
加賀町ホール
(大江戸線牛込柳町駅より徒歩5分)
全席自由3,000円
(最大80席予定。感染状況により減席の可能性あり)


(画像を押すと拡大します)

ひょんなことから大学の同期で演奏会をすることにしました。
今回一緒に舞台に立つテノールの紀野とは仕事やら研究テーマやら共通するものが多く、ちょくちょく連絡をとっているのですが、随分と前のコロナが下火だった時期に食事に行き、「演奏しようぜ!」ということで企画を決め、その場にいた小林くんを巻き込み立ち上げました。その時は「さすがにもう来年の夏ならコロナも大丈夫でしょ」みたいな話だった気がしますが…。もう全く予想がつきません。

Trip(旅行)する様に、世界中のいろいろな音楽を演奏したいね、ということでMUSICAとりっぷる。
そして、せっかくならそれぞれの国ごとにプロフェッショナルを招こうじゃないか、ということで、イタリアで修行を積んだメゾソプラノの藤田さんにも出演を打診した結果、このような布陣と相成り、〜イタリア編〜とサブタイトルがついたのであります。
予定なら1年に1回、ドイツ編やらフランス編やら、向こう6年くらい継続する予定です。本当に出来るかな。笑

同期だから、という贔屓目をおいても、皆本当に素晴らしい演奏家です。
ぜひ足をお運びください。

お申し込みはこちらから。

records


2022.04.01 written by Kikawa MUSICAとりっぷる 〜イタリア編〜

「 MUSICAとりっぷる 〜イタリア編〜 」

日時: 2022年7月10日(日)
開場 14:30  開演 15:00
場所:加賀町ホール(東京都新宿区加賀町2-5-26)
出演:紀野 洋孝
   木川 翔
   小林 滉三(ピアノ)
   藤田 彩歌(ゲスト)
入場料:3,000円(全席自由)
主催:MUSICAとりっぷる
問い合わせ:musicatripple@gmail.com

records


2022.04.01 written by Kikawa Spring Concert

「 Spring Concert 」

日時:2022年4月24日(日)
開演:17:00
場所:東久留米市役所1階 市民プラザ 屋内ひろば
出演:
ソプラノ 下川慶子・太田絢子
テノール 木川 翔
ピアノ  川井彩子
入場料:無料(申込不要)
主催:東京オペラソリストの会

木川演奏予定曲目
山田耕筰:鐘が鳴ります
別宮貞雄:さくら横ちょう
G. Fauré: Après un rêve, Les berceaux
G. Puccini: 《La Bohème》
Che gelida manina – O soave fanciulla

records


2022.01.23 written by Kikawa 2022年になって

「 2022年になって 」

この前に書いたつぶやきが、2020年の終わり。
一昨年の年末に悩まされていたことが、今でも悩みのタネであるとは、何とも悲しいものです。

このままの勢いで感染者数が増えていくと、来週にはコロナ前のインフルエンザ並の感染者数になるんだとか。
そんなに感染していたのか、インフルエンザ、とそちらもびっくりです。

体調崩すと、練習も出来ないわ声の調子も狂うわで後がすごく大変です。
なので、私、冬場は元々いつもマスクをして、手洗いうがいをしっかりしています。
ここ10年ちょっとはインフルエンザにはかかっていません。対策半分、運半分というところでしょうか。
この2年は気合を入れた防疫活動のお陰で、副反応以外で熱すら出ませんでした。

それでもインフルエンザにかかるよりは、コロナの方が怖い。
というのは、体調面(特に呼吸器にダメージは勘弁願いたい)もそうですが、社会的な影響も考えてしまうからでしょうね。あるいは、特効薬がないのも大きいでしょうか。

今年は演奏の機会をバシバシと作るつもりですが、こう感染者が増えていくとやはり不安です。
気兼ねなく人に会って、気兼ねなく歌える日が早く来てほしいなあ、と切に願います。

あけましておめでとうございました。もう2月になっちゃいますね。

records


2019.07.15 written by Kikawa 声楽家が下の親不知を抜くと歌に影響は出るのか その4

「 声楽家が下の親不知を抜くと歌に影響は出るのか その4 」

親不知抜歯記録もこれで最後。
これは3年前に親不知を抜歯した時の備忘録をまとめたものです。
抜歯するってどんな感じだろう、と訪れた方はぜひ最初から読んでいただければ。

前回
声楽家が下の親不知を抜くと歌に影響は出るのか その3


2016年4月9日(抜歯6日目)
起床。まだ痛い。
朝は必ずくしゃみして溜息をつくところから始まる。
食事の前にはロキソニン。
あまり口を動かしたり、歌ったりするのはまだ辛い。

2016年4月10日(抜歯7日目)
朝起きると昨日までと比べて痛みが弱い!
顎を動かすのは痛いけど、食事をするのは格段に楽になった。
けど、朝晩の食事前にはロキソニン。痛いは痛い。
いい加減食べないと栄養不足を感じたので、昼にはパスタとフランクフルト、夜はひれかつ丼。

2016年4月11日(抜歯8日目)
朝は例によってロキソニン。
朝ごはんにはそば。時間はかかるけど食べられる。

抜いてから1週間ということで、この日に抜糸をする。
1週間経っても痛みが残るのは、まあ仕方ないらしい。
痛み止めと化膿止めをもらう。

抜糸をしたせいで、食べ物が傷口に入るようになった。
そのせいなのか、晩御飯食べていたら久々に結構痛くなってしまって、食後に痛み止め。
結局今日も朝晩薬のお世話になる。

2016年4月12日(抜歯9日目)
朝は痛み止めを飲む。
日に日に朝の痛みは弱くなっている。今はほとんど感じないくらい。でもご飯を食べるのには痛いから、まだ痛み止めは欠かせない。

もう食べるもの自体は普通のもので大丈夫。
あまり口にたくさん入れられないので、少しずつ食べることになるし、右で噛むと傷口に触るのでまだ左だけ。
食べるのに時間はまだかかる。

歌うのは無理しなきゃ平気かな。
テクニックと体力を維持するための練習なら出来る気がするけど、自分の限界に挑んで上手くなるための練習は無理だと思う。
表現力、声量、音色など、あらゆるレンジが少し狭く感じる。音域は平気かな。
少し長く歌うとアゴの骨が痛い。

2016年4月13日(抜歯10日目)
起床。もう痛み止めは必要なさそう。
噛むのはやっぱりしばらく右で。

歌うのはやっぱり痛いなー。

2016年4月14日(抜歯11日目)
歯医者に行ったら、痛みがあるうちは歌わない方が良い。どんどん治りが遅くなる、と脅される。
あくびしたり、患部に圧力がかかるとまだ傷口が痛い。本当ならそろそろ痛みは完全になくなっているらしい。

2016年4月15日(抜歯12日目)
起床。あくびしたら突っ張った感があって少しだけ痛いけど、普通にしてる分にはもう痛みはない。傷があるな、くらいの感覚だけ。
ご飯を食べるのは痛くて、歌うのもまだ痛いので、黙っていることにする。

2016年4月16日(抜歯13日目)
通常時の痛みはこの日になくなった。
ご飯を食べるのも平気。歌うのは、ちょっと無理すると痛い。

2016年4月17日(抜歯14日目)
普通に食べたり歌ったりする分には痛くなくなった。ようやく。

2016年4月19日(抜歯15日目)
おおあくびをすると痛いけど、それさえしなければ…。
食べ物が傷口に入る。
歌うのは完全に復帰。


ということで、以上で下の親知らずの抜歯メモを終わります。

ちなみに、抜歯から20日経つと、「空いた穴に食べ物が詰まって、口をゆすぐと『四次元ポケットか!』と突っ込みたくなるくらいたくさん食べ物が出てくる」のを無表情で楽しめるようになりました。
もう痛みは全くありません。

やはり、完全に演奏に支障がなくなるというまでは2週間見ておいたほうが安全だと思います。
できれば、治ってすぐ本番、みたいなスケジュールも避けたいですけど、そうも言っていられない人もいますよね。

スケジュールをどれくらい空ければいいのかわからないという歌い手の皆様においては、参考になれば幸いです。
私の場合は少し治りが遅い方だったようです。歌わずに安静にしていれば、もう少し早く回復できるかもしれません。


あの日を振り返る。
声楽家が下の親不知を抜くと歌に影響は出るのか

あの日。
声楽家が下の親不知を抜くと歌に影響は出るのか その2

その後。
声楽家が下の親不知を抜くと歌に影響は出るのか その3

records


2019.05.29 written by Kikawa 東邦音楽大学総合芸術研究所New Year Concert 2019

「 東邦音楽大学総合芸術研究所New Year Concert 2019 」

日時: 2019年1月19日(土)
開場 12:30 開演 13:00
場所:東邦音楽大学 文京キャンパス 創立50周年記念館ホール
出演: ピアノ 我妻 知茉美・前田 敬代・藤井 健夫・三木 蓉子・伊藤 曜子・敦賀谷 州秦・陣内 みゆき・二宮 悠太・山根 理恵・服部 尚子(伴奏)・関口 純乃(伴奏)・小田 直弥(伴奏)
声楽 髙島 恵子・金井 隆之・木川 翔・武田 真紀子・下川 舞子・大久保 惇史
入場料:無料
主催:東邦音楽大学総合芸術研究所
問い合わせ:東邦音楽大学総合芸術研究所 03(3946)9666

records


2019.05.29 written by Kikawa Classic Innovate Christmas Concert 2017

「 Classic Innovate Christmas Concert 2017 」

日時: 2017年12月9日(土)
開場 18:30 開演 19:00
場所:かなっくホール
出演: 指揮 岡田 直樹
ソプラノ 小澤 美咲紀・志田尾 恭子・高橋 広奈・安江 秋
メゾソプラノ 唯野 敦子・長勢 ゆかり
テノール 隠岐 速人・木川 翔・佐藤 慈雨
バリトン 石井 基幾・小野 隆伸・小仁所 良一
フルート 吉川 真登
チェロ  久武 麻子
ピアノ  前田 明子
入場料:全席自由 3,000円
主催:Classic Innovate
お問い合わせ:070-5367-7352(事務局)

records


2019.05.29 written by Kikawa 穂積磨矢子 〜未来の星と共に〜 あったかいんだからコンサート 第2弾

「 穂積磨矢子 〜未来の星と共に〜 あったかいんだからコンサート 第2弾 」

日時: 2017年4月7日
開場 18:00
開演 18:30
場所:ティアラこうとう 小ホール
入場料:一般 3,000円 友の会 2,700円 各センター受講生 2,800円
出演者:ソプラノ 穂積 磨矢子 中原 沙織
テノール 佐藤 圭 木川 翔
バリトン 門倉 光太郎
ピアノ  川井 彩子
主催:江東区音楽家協会
協力:光栄財団法人江東区文化コミュニティ財団/ティアラこうとう

records


2019.05.29 written by Kikawa 東京藝術大学出身者によるニューイヤーコンサート2017

「 東京藝術大学出身者によるニューイヤーコンサート2017 」

日時: 2017年1月14日
開場 13:30
開演 14:00
場所:京葉銀行文化プラザ音楽ホール
入場料:全席自由 3,000円
出演者:坂井 美登里 会澤 義雄 前田 めぐみ 前田 地香子 田代 陽子 別府 龍一 田島 沙彩 伊崎 燁子 山内 喜美子 秋山 衛 安藤 園子 木川 翔
本橋 亮子 福田 陽 河村 みち マグルーダー雅子 黒岩 航紀 白田 圭介 高橋 光絵 大田 美有 圓谷 俊貴

records


2019.05.29 written by Kikawa 第1064回 プロムナードコンサート

「 第1064回 プロムナードコンサート 」

日時: 2016年12月16日(金)
12:00 ~ 12:30
場所:江東区文化センター2回談話ロビー
入場料:無料
出演:ソプラノ 穂積 磨矢子
   テノール 木川 翔 松原 悠馬
   ピアノ  川井 彩子
主催:江東区音楽家協会
協力:光栄財団法人江東区文化コミュニティ財団/江東区文化センター